顧客管理をスムーズに行いたいならCRMシステムを使ったほうがいい

紳士

営業サポートの内容

名刺

名刺の情報はデータ化することによって利便性を高めることができます。ただその作業は手間がかかりすぎるため、専門の業者に依頼するのがおすすめとなってきます。その際、価格とサービス内容のバランスを見極めよりお得なサービスを見極めることが大切です。

詳細を確認する

顧客管理で効率いい業務を

女の人

サポートを上手に活用する

顧客情報を管理し、顧客の購買実績やニーズ、案件の進捗状況など多方面から分析して、営業活動を効率よく行うためのITツールがCRMシステムです。集客から受注、受注後のアフターフォローまで、企業が管理する顧客情報は幅広くあります。これらの情報を、営業やマーケティング、コールセンターなど各部門がバラバラに管理していると、業務を分散して非効率です。CRMシステムは、顧客情報を一元管理してどの部門からでも同じ情報にアクセスすることにより、顧客に対して最適な活動ができるようサポートします。CRMシステムやサービスを提供している企業は多くあります。インターネットでCRMシステムの資料を一括請求できるサイトで効率よく情報収集できます。サポートとして導入前のヒアリングや構築サービス、システムの運用が定着するようアフターサポートを行っている企業もあるので、サポートを活用することで導入にかかる手間を軽減できます。

無料トライアルで確認

CRMシステムが提供する機能は多岐にわたります。形態としては、パッケージ版とクラウド型の2種類があります。導入と運用コストは、パッケージ版の方が高額になりますが、機能の豊富さや既存システムとの連携など、本格的なCRMシステムを構築できる利点があります。パッケージ版に比べて低予算で導入できるクラウド型は、運用コストは月額で設定されています。1ユーザーあたりいくらという設定が多いのですが、サービスによっては、ユーザー数無制限のところや、ユーザー数ではなく、使用するデータ容量によって価格が設定されているところもあります。機能については、最初は必要な機能だけを選んで運用し、後からオプション追加していく使い方ができるところもあります。また、無料トライアルを提供しているシステムもあるため、使い勝手を実際に確認してから導入することもできます。

トータルの管理を

システム

総務の業務は、これと決まったものではありません。会社によって行っている業務は大きく異なりますし、部署が存在しないこともあります。そのため、アウトソーシング会社に依頼して業務を行ってもらうことも多くなっています。

詳細を確認する

営業を効率的に行う

パソコンを操作する人

営業における案件管理は自部門における進捗管理を共有するだけでなく、受注後の関係部署にも共有することができるようになります。クラウドシステムを使用するとさらに利便性が向上します。そして営業活動の効率化にもつながります。

詳細を確認する